結婚

婚約指輪が高価である理由


まず、みなさん結婚指輪と婚約指輪の違いってご存知ですか。
女性ならば知っているのが当たり前と思っていても、男性で知らない方って意外と多いんですよね。
何が違うの?なんて女性に聞いてガックリされないように、基本となる違いは覚えておくと良いでしょう。

結婚の約束である婚約指輪は、給料の3ヶ月分なんてことを聞いたことがありますが、実際にはみなさんどういった指輪を渡すのでしょうか。

もちろん、給料3ヶ月分の額の婚約指輪を渡さなければいけないという決まりはありません。
表現の一つとして生まれたものであり、実際にはカップルによって違いはありますが平均すると30-40万円くらいが相場といわれてはいるものの、婚約指輪は用意しなかったなんて方も多いようです。

しかし、女性は憧れが強いだけにがっくりされるなんてことのないものを選んであげたいですよね。

婚約指輪がなぜ高価なものといわれているかというと、婚約指輪は婚約の証と特別な意味が込められているために、一般的にダイヤモンドをあしらったものや比較的キラキラとしたものが多いため高価なものになってしまうようです。
ダイヤモンドを使った指輪でもリングや宝石の形によって多種多様なデザインの婚約指輪ができますので、女性の好みに合わせてオーダーしましょう。
最も売れているダイヤモンドの大きさはhttp://www.jwl-aria.jp/jos.htmlにもかいてあるように0.3~0.4カラットのようです。

しかし、最近ではダイヤモンドなどの高価なものよりもカジュアルなものであったり、指輪ではなく婚約の記念として他のアクセサリーや時計などといったものをあげる場合もありますので、婚約指輪にこだわりすぎずに2人にとって婚約の記念にふさわしいものを選ぶということが1番よいのではないでしょうか。

彼女が喜んでくれる婚約指輪を選ぶには、様々なリサーチが必要となり、男性にとってはセンスが問われる所ではないでしょうか。
婚約指輪はもちろん、金額が全てではありません。
1番はやはり気持ちですよね。彼女に似合った彼女が喜ぶ指輪を選んであげましょう。